インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

NASTA 宅配ボックス 貫通配達ユニットの使い勝手

北国に住んでいると、家のそとに郵便受けがあると特に冬なんかは寒い屋外に出なければならないし、かといって貫通型の郵便受けにするとそこから寒い外気が入ってくるという、アンビバレンツな悩みを抱えることになります。

そこで見つけたのが、貫通宅配ユニットという商品でした。

www.kawaii-ie.work

ポストと宅配便ボックスが壁を貫通していて、さらに屋内側は樹脂サッシ&ペアガラスで仕切られているため、外の空気はもちろん、防犯上も優れているという夢の郵便受けです。

tech.nikkeibp.co.jp

結構高い買い物だったので使い勝手が心配だったんですが、思った通りに便利に使えています。


外観はこのような感じで、上側は普通の郵便受けになっており、大型の郵便もすっぽりと入ります。

f:id:inter-deco:20190917235830p:plain

アパートの郵便受けだとちょっと厚みのあるメール便なんかがきちんと収まらず、ぎゅうぎゅうに押し込まれたりしていたんですが、これだけ幅が広いと余裕です。

下側は宅配ボックスになっています。

f:id:inter-deco:20190917235801p:plain

それほど奥行きはないので、入るのは80サイズのダンボールまでですね。


内側には配達員さん用に、注意書きが貼られています。

f:id:inter-deco:20190917235817p:plain

と言っても配達員さんは最初、ここが宅配ボックスであることに気づかなかったので、一人ひとりに使い方を説明する必要がありました。

クロネコと佐川はそれで良かったんですが、郵便局の場合は事前に届け出が必要なのでもう一手間必要です。

www.post.japanpost.jp


こちらが家の内側からみたところ。

f:id:inter-deco:20190917231425p:plain

今回はたまたま、下の宅配ボックスに入る荷物だけ入っていて、入りきらない荷物については再配達の伝票が入っていました。

レアケースですが、先にヤマトさんが宅配ボックスを使ってしまって、後からきた佐川さんがボックスに入れられないようなことも稀によくありますね。


家の内部側は本当にペアガラスの窓のようになっているので、外から侵入するのはなかなか厄介そう。

多分、ここから入るくらいだったら、普通に窓を破って入ったほうが早そうです(^_^;)


しばらく使ってみた感想ですが、やっぱり家の中から郵便物を取り出せるというのは便利だし、ペアガラスで仕切られているため、玄関の中が寒くならないというのも良いな、と思いました。

宅配ボックスは容量的に、なんでもかんでも入るわけではないのでうまく活用できないケースもありますが、Amazonで細々としたものを衝動買いすることが多いので、80サイズで収まる郵便物が多く、概ね便利に使うことができています。

平日だけど休みで午前中寝ている時など、「チャイムを鳴らさないで宅配ボックスに入れておいてください」と付箋を貼って入れてもらうこともありました(^_^;)

結構高いのでよほど酔狂な人じゃないと買わないと思うんですが、結構便利に使えているので、もし北国で家を建てるならオススメしたい商品です。