インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

ノーリツのクックボックスを買いました

わが家のキッチンはパナソニックのラクシーナです。

www.kawaii-ie.work

コンロには特にこだわりがなかったので標準モデルにすると、ノーリツ/ハーマン製の「ファミ オートタイプ」になりました。

www.harman.co.jp

標準モデルなのでリンナイのデリシアシリーズのような多機能さはありませんが、コンロ調理タイマー(セットした時間になると自動で火が消える)や、温度調整機能(セットした温度を維持するよう自動で火力を調整)などの機能がついていて、かなり使いやすいと感じています。

特に便利なのが温度調整機能で、揚げ物を作るときに重宝しています。

これまで揚げ物をするときは、鍋についている温度計(しかもあまり正確でない)を見ながら微調整していたんですが、忙しいと気が回らなくなって熱くなりすぎたり冷めてしまったりしていました。

それが自動で170度なり180度を維持してくれるようになると、仕上がりが全然違うんです。

ポテトチップみたいなシンプルなものでも、アパート時代に作ったものとは別物のように美味しくなったのでびっくりしてしまいました。


一方、新しいコンロで使いにくいのが魚焼きグリル。

庫内を汚すのが嫌でしばらく使っていなかったんですが、試しに鮭の切り身を焼いてみたら、受け皿に焦げがこびりついて全然とれませんでした。

前に住んでいた家のコンロはリンナイで、魚焼きグリルは黒くコーティングされていて良かったんですが、ノーリツのグリルは銀色で、ガードが甘い気がするんです。


困ったと思った時に思い出したのが工務店の担当者の一言です。

施主検査のときにキッチンを見ていたら、

「このキッチンのグリルにはクックボックスというものがついていて、簡単に料理ができるんですよ」

と言っていました。

結局それは担当者さんの思い違いで、オプションで選ばなければついてこないものだったんですが、思い出したついでに買ってみることにしました。

クックボックスが届いて早速作ったのが、赤魚のアクアパッツァです。

冷凍の赤魚が安かったので、自然解凍させて鱗をとって飾り包丁を入れ、塩をふっておきます。

にんにくを潰してクックボックスの下に敷き、その上から赤魚を置いてオリーブオイルをかけ、まわりにミニトマトと、皮ごと食べられるじゃがいもを並べます。

それからグリルに入れて強火で10分。裏返して*1弱火で10分焼いて完成!

f:id:inter-deco:20191014200918p:plain

赤魚の身が厚くてクックボックスの蓋が半開きになっていましたが、特に問題はないみたいです。

魚の中までしっとりと火が通っているし、簡単でとても美味しく仕上がりました。

問題だった焦げのこびりつきも解消されたし、クックボックスはノーリツのコンロになくてはならない必需品なんだなあ、と思いました。


後日ステーキを焼いてみましたが、重い重いスキレットを使わなくても、簡単に美味しく焼けてしまったのでびっくりしました。

蓋があるおかげで庫内への飛び散りも少なく、火加減も自在でレアからウェルダンまで自由に焼き上げることができて良かったです。

*1:上下から炎が出るので、裏返すのは焼くためというよりもオリーブオイルに両面をひたすためです