インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

寝室のハニカムスクリーン

昨日までベッドの話をしてきましたが、寝室にはあるこだわりがありました。

それは、寝室にカーテンはNG! というものです。

寝室なので当然、寝ているときに陽の光が入ってきたら困るので、カーテンをつけるなというのではないんです。

カーテンだと、猫が裏側に回り込んで、そのたびにカーテンがひらめいて外の光が入ってきちゃうことが大問題。

ただ明るいよりもチラッ、チラッと眩しい方が、安眠を妨げられてしまうんです。


特に夏になって日の出が早い時期になると、起きる時間よりもかなり早い時間に起こされてしまうので、両サイドにレールが付いてきっちりと固定されるロールスクリーンのようなものがいいと考えていました。

そのときに思い出したのが、一条工務店のハニカムシェードです。

www.kitappo-ismart.work

普通のロールスクリーンは一枚の布なので、窓からの冷気が部屋の中に伝わってきます。

それにくらべてハニカムシェードは蜂の巣のような構造なので、冷気をシャットダウンすることができます。


一条工務店のはハンターダグラスという会社の製品ですが、探してみるとセイキ総業やニチベイといった、大手カーテンメーカーからも似たような製品が出ているようです。

特にニチベイはわが家の工務店で取り扱いがあるというので、色々と調べてみました。

f:id:inter-deco:20190729220025p:plain

f:id:inter-deco:20190729220129p:plain

レフィーナ特設ページ 快適性と機能性、デザイン美の結晶 | ブラインドのニチベイ

製品としてはそんなに悪くなく、光の漏れが少なくて冷気も漏れてこないように作られているようなので、寝室のみニチベイのハニカムスクリーンを導入してみることにしました。

f:id:inter-deco:20190729222641p:plain

ハニカムスクリーンの色は、アクセントパネルの色に合わせてヴィンテージネイビーにしてみました。

逆に白いクロスのところはハニカムスクリーンが目立って、なんというか、アクセントスクリーンという感じになりましたね。


ツインタイプの、遮光とシースルーを組み合わせるタイプにして、レースの方は真っ白ではなく「ミソラ」という色にしてみました。

f:id:inter-deco:20190728205023p:plain

一見するとほとんど白に見えるんですが、正面から見るとかすかに青みがかっているところがおしゃれポイントです。

実際問題、どれだけ冷気を防ぐ効果があるかは住んでみないと分かりませんが、とりあえず、見た目がかっこよかったので良しとしたいと思います(笑)


次回は、ハニカムスクリーンやアクセントパネルと同様に、青でコーディネイトした内装のドアについて紹介します。