インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

選んだのはフランスベッドのマットレスでした

はじめてフランスベッドの高級マットレスに寝てみて、なるほど値段が高いマットレスというのは良いものなのだなあ、ということが分かりました。

といっても、量販店に行ってみても、オリジナルブランドの中でもちょっといいものだと5万円以上は軽くします。

ほぼほぼ同じ価格帯だったら、量販店のものよりもフランスベッドのほうがいいような気がしました。


では、もっと高級品はどうかということで、テンピュールのマットレスを試してみました。

【 送料無料 】 テンピュール マイクロテック20 ( S ) シングル 7年保証 厚さ20cm | 正規品 セール マットレス ベッドマットレス ベッドマット 快眠 安眠 体圧分散 かため 硬め 腰 シングルマット シングルマットレス ベットマット tempur
by カエレバ

ところがこれは全然ダメ。

低反発の枕を使っているから良さそうに思えたのですが、ズブズブと沼のように沈んでいくばかりで寝心地がよくありません。

立ち上がるときに手が沈んでしまうのも好きでなかったので、もうちょっと硬めのものを選ぶことにしました。


続いて、お客さんより店員の数のほうが明らかに多そうな、高級家具店で勧められたのがシモンズのマットレスです。

シモンズ ベッド マットレス5.5インチ レギュラー シングル 張り生地おまかせ お買い得品 関東〜九州まで開梱設置無料 正規取扱店
by カエレバ

シモンズのマットレスはポケットコイルスプリングといって、ひとつひとつのスプリングが袋に包まれているのが特徴です。

点で体重を支えるため、肩や骨盤などの出っ張っている部分では凹むようになっており、体をバランスよく支えることができるとのこと。

確かに寝てみた感じは悪くないのですが、ちょっと柔らかすぎるような気がしました。

この前試してみたフランスベッドのマルチラスダブルデッキスプリングは、スプリングが二重になっているので適度に固いけれどしっかりと体をサポートしてくれました。

ですが今回試してみたものはスプリングが一重のため、おなじように体を沈めさせようとするとバネが柔らかいものになってしまい、ふにゃふにゃに感じてしまうのでした。


さらにポケットコイルスプリングはひとつひとつのスプリングが袋に包まれているため湿気を通しにくいという話も聞きました。

もともとアメリカのような湿度が低い地域で作られたものなので、高温多湿な日本では合わないという人もいます。

フランスベッドのような連続スプリングは中がスカスカで通気性が良いので、その点も安心な気がします。


それと、フランスベッドという会社名からは想像もできなかったんですが、実は普通に日本生まれの日本の会社なんですね。

なので日本の高温多湿にあった製品を作っているというのも、選ぶポイントになりました。


というわけで、紆余曲折ありましたが結局はフランスベッドのマットレスにすることにしました。

価格は高くないし品質も悪くないし、ネットを見ても、フランスベッドの悪評はほとんど出てこなかったのも良かったです(^^;)


次回はベッドの脇役である(笑)、フレーム選びについてのお話をしたいと思います。