インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

土留が設置されてしまいました

わが家は町外れの市街化調整区域に家を建てたので、土地代はものすごく安くて済みました。

南向きで、広い市道に接しているのに、市内中心部の5分の1から10分の1くらいの価格で買えてしまいました。

街なかまで車で10分かそこらしかかからないのに、です。


ところが好事魔多し。

市街化調整区域に家を建てると、思っても見なかった落とし穴がたくさん隠されていたのです。


まず最初にぶち当たった壁は、市街化調整区域だとネット銀行がお金を貸してくれないこと。

これについては、地元の農協で借りることにしたので早期に解決できました。


面倒なのが、市街化調整区域では下水を市で引いてくれないので、敷地の中に浄化槽を置くか、自腹で最寄りの下水管まで伸ばす必要があることです。

合併浄化槽は微生物の力でトイレや台所から出る排水をキレイにしてから放流する仕組みなのですが、どうしても臭いが出るし、定期的な点検やメンテナンスが必要です。

ラッキーなことに道路を挟んで反対側に下水の本管が来ていたので、それほど費用をかけずに下水とつなぐことができました。


これで一安心だと思っていたら、汚水だけでなく雨水の排出にもいろいろと気を使う必要があることがわかりました。

土地に降り注いだ雨を集めて排水口に流すための、排水マスが必要であるということ。

それと、わが家の土地は道路から奥に向かって傾斜しているんですが、これが勢いよく流れると支障になるからと、敷地の中に土留を設置しなければならないということです。

もともと売地だったときはそんなことせずに垂れ流しだったのに、家が建つとなると色々と手をかけなければならないのが面倒なところだと思いました。


しかし役所の言うことだから否も応もなく、淡々と土留と排水桝が作られてしまいました。

f:id:inter-deco:20190630141546p:plain

なんか思っていたよりも立派なのが作られてしまい、当惑するばかりです。

このあとは駐車場のアスファルトが施工されましたが、

f:id:inter-deco:20190630142614p:plain

こっちの部分は庭にするつもりだったんですが、これはどうしたらいいんだろう。


さらに、土留の高さが高いので、玄関まで行くのも一苦労です。

f:id:inter-deco:20190630141412p:plain

ここは追加工事で階段をつけてもらわないとダメだろうなあ。

家の工事の方は順調に進んでいたんですが、外構の方はまだまだ課題が多そうです。悩ましい……。