インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

エアコンを施主支給しました

前回は窓についてのお話でしたが、今回も壁に設置するアイテムつながりということで、エアコンについてのお話です。

日本の北のはじっこにある北海道とはいえ、最近は地球温暖化のせいか、エアコンなしには過ごせないような夏が続いています。

わが家にもせっかくだからエアコンを入れようと思ったんですが、ふと思いついたアイデアがありました。


わが家は暖房にセントラルヒーティングを入れることにしたのですが、これは温めた不凍液を家中に暖めるシステムです。

これを逆に、冷たくした液体を流したら冷房にも使えるんじゃない? と思いつきました。

ところが、素人がそう思うだけあって、すでにそういう商品がありましたね。

f:id:inter-deco:20190528222615p:plain
冷温水輻射パネル|GeoSIS HYBRID(ジオシスハイブリッド)|製品情報|コロナ

エアコンと違って冷風が体を直撃するわけでもないし、冷暖房を兼ねられるのになんで流行ってないんだろうと思って調べてみたら、結構なデメリットがあるとのことでした。

それは家の大敵、結露です。

空気の温度が下がると、空気が含むことができる水蒸気の量が減るため、水滴となって現れます。

それが冷たいパイプラジエーターに付着するので、床が結露でびしゃびしゃになってしまうのだとか。

パネルだけの問題なら下に皿を置けばいいんですが、たぶん床の下に入っているパイプ自体にも結露がつきそうなので、あまり家のためによくなさそうです。

やっぱりみんなが使っているものはそれだけの理由があって、普及していないものにはいろいろとデメリットがあるんですねえ。

高気密住宅は小さなエアコンで十分

普通にエアコンをつけようと思って相談したら、1階と2階に1台ずつの、2台で50万円くらいの見積もりが出てきました!

というのも、1台でワンフロアをまるごと冷やせるような、容量の大きなエアコンが選ばれていたからです。

ですがエアコンのカタログスペックは、隙間性能が悪い家、冷やしても冷やしても熱い空気が外から入ってくるような家を想定しているので、高気密の家にそのままの数値で導入するとオーバースペックになってしまうのです。

www.nikkei.com

C値が1を切るような高気密住宅では、6畳用のエアコン1台で、20畳くらいを簡単にカバーできるのだとか。

わが家はC値が0.6以下だと言われているので大丈夫そうでしたが、ちょっと余裕を見て8畳用のものを2台買うことにしました。

エアコン  三菱 電機 Mitsubishi MSZ-GE2518-W ピュアホワイト おもに8畳用
by カエレバ

もっとカッコいいエアコンもあったんですが、暖めて冷やすだけの、一番シンプルなものにしました。

もっと高い機種だと再熱除湿と言って、温度を下げずに除湿をする機能がついていたりするそうです。

ただ、わが家には湿度をコントロールできる第一種換気がついており、家の中はむしろ乾燥気味になりそうなので、そこまでの機能は必要なさそうでした。


それと、東芝の霧ヶ峰は「ズバ暖」という寒冷地向けの商品もあるんですが、わが家は普通のモデルにしました。

寒冷地用のエアコンは冬でも暖房に使えるよう、室外機を強力にしているものなので、暖房に使わない場合はそこまでする必要はないようです。


エアコンはヨドバシカメラで1台7万円。

このまえポップインアラジンを買ったときのポイントもあったので、総額は2台で12万円くらいと、当初の見積もりと比べてだいぶ安くすることができました。

工務店あてに送ってもらって、次回はエアコンの取付についてのお話をしたいと思います。