インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

クレトイシのモンタージュは見た目も性能も素敵な窓

しばらく家の中の話が続いたので、今回は足場が外れたわが家の、外側の話をしてみます。


わが家はインターデコハウスなので、クレトイシのモンタージュという、洋風住宅にあったデザインの窓が使われることになっていました。

f:id:inter-deco:20190622231743p:plain
www.kgw.co.jp

おなじ会社でも、工務店オリジナル仕様の住宅ではYKK APのAPW330が標準で使われ、アップグレードするとAPW430になります。

APW430の方がモンタージュのトリプルガラスよりも性能がいいので、「家を見た目で選んでしまって本当にいいのだろうか」としばらく悩みました。


ですが、外壁の塗装が終わって、仕上がった窓を見たら、わずかな性能の違いなど吹っ飛んでしまうくらい素敵な窓になっていました。

f:id:inter-deco:20190622150520p:plain

いやあ、塗り壁がかっこいいなあ(そこじゃない)。


窓のポイントは、窓下の水切りとして、本物の石が埋め込まれているところです。

輸入住宅の窓下には、I型フィンやブリックタイルと呼ばれるものが入るパターンが多いんです。

http://www.idh.co.jp/resources/images/lineup/exterior/img-spanish-01.jpg

だいたいはこの写真のような赤や茶色のレンガ調の物が使われていて、これはこれでかわいいんですが、わが家には似合わないなあと思っていたら、グレーでフラットなタイプのものになったので良かったです。

f:id:inter-deco:20190511214321p:plain

一応、この石は見た目のカッコよさだけでなく、水切りとしての役割もあるのだと思います。

サッシが外壁にむき出しだと、あたった雨がサッシの下部に集まって、壁を伝って雨垂れができてしまいます。

窓の下に水切りがあると、サッシを伝わってきた水が水切りの上を流れて、水切りの先端から落ちるようになるので、壁を伝う雨の量が減り、汚れが軽減されるというわけです。


一方、正面以外の窓の下には水切りの石は入っていません。

f:id:inter-deco:20190615132835p:plain

STOの塗り壁には自然に汚れを落とす性質があるのですが、窓の下の水切りにほこりが溜まると雨垂れができてしまうので、ときどき水を流して落としてやった方が良いとのことでした。


塗り壁にした以上、たとえSTOのロータソンとはいえ汚れることは覚悟しています。

というわけで、家が建ったらこれを買おうと思っています。


その名はケルヒャー!

KARCHER 高圧洗浄機 K 2 サイレント
by カエレバ

小さめのものならそんなに高くないし、外壁の掃除以外にも洗車などいろんな用途に使えるので、買っておいても損はないのかな、と。

ヨドバシカメラでエアコンを買った時のポイントがあるので、それを使ってお得にゲットしようと考えています。


というわけで次回は外壁に関係するものつながりということで、エアコンについて紹介したいと思います。