インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

勝手に施主点検してきました

コンセントの位置確認をしてから2週間後。

打ち合わせで会社に行く用事があったので、ついでに建築現場を見てきました。


お昼ご飯を食べていた大工さんに差し入れを渡して、内部を自由に見せてもらいます。

前回は家の中に気密シートが施工されたところまで確認していましたが、今回訪れると天井に石膏ボードが張られていました。

f:id:inter-deco:20190414233049p:plain

使われているのは、虎のCMでおなじみのタイガーボードです。

f:id:inter-deco:20190414234504p:plain

このCM懐かしい……。

www.youtube.com


細かいところを見ていくと、打ち合わせの時に指示していていたのに、反映されていないところがちょこちょこと発見されました。


このコンセントは、左側の壁に移動させてって伝えていたんだけどなあ。

f:id:inter-deco:20190414234721p:plain


こっちのスイッチはもっと高い位置にしてほしかったんですが、もう気密シートが貼られてしまっています。

f:id:inter-deco:20190414234942p:plain


最初の方は間仕切り壁だからなんとでもなるけれど、断熱施工をしてしまったあとからでも変更できるのかな。

ちょっと不安でしたが、担当に伝えるとすぐに電気屋さんに言って直してもらうとのことでした。

壁に石膏ボードを貼ってしまってからだと大掛かりになるので、早いうちに伝えることができて良かったです。

あとからクレームを言っても時すでに遅しだったりするので、マメに現場を見に行くことが大事ですね。


ついでにちょっと気になったのがエアコンの取り付け場所です。

2階の壁はこのように、下地の板が貼ってあるのですが、

f:id:inter-deco:20190414235312p:plain

1階部分には下地がありません。

f:id:inter-deco:20190414235337p:plain

聞くと本来エアコン程度では下地はいらないらしいのですが、せっかくなので貼ってもらうことにしました。


それともうひとつ、エアコンのダクトの穴が開けられていないことが気になりました。

というのも、第一種換気の給排気口や、台所の換気扇、ボイラーの排気口などなどはすでに開口されてカバーが取り付けられていたのです。

f:id:inter-deco:20190415000505p:plain

断熱材に穴を開けることになるので、隙間にはグラスウールを詰めて、あとから気密シートを貼るときに、きちんとテープで目張りされます。

f:id:inter-deco:20190415000824p:plain

これが壁の施工後に開口するパターンだと、機械を使ってズボッと一気に石膏ボード・気密シート・断熱材・構造用合板・サイディングのすべてを貫通することになるそうです。

それだと到底気密性が確保できない気がしたので、エアコンも先に開口してもらうことにしました。

口うるさい施主だということは十分伝わっていると思うので(笑)、ここは言うとおりにしてもらうことにしましょう。


内壁の施工が進んできたので、来週はフロアのお話をしたいと思います。

エコハウス現場写真帖

岸野浩太 エクスナレッジ 2018年09月21日
売り上げランキング :
by ヨメレバ