インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

キッチンの袖壁に開口部を作ってもらいました

建築途中の家の方では、設備屋さんが入ってキッチンの取付がはじまっていました。

f:id:inter-deco:20190506124554p:plain

キッチンの上のウォールユニットがないおかげで、天井がLDKまでつながって広々と見えますね。


キッチンの裏側のカップボードも設置済み。

f:id:inter-deco:20190506124607p:plain

キッチンにもオプションでコンセントをつけたんですが、カップボード上にもコンセントを付けました。

こっちではホームベーカリーなどを使う予定です。


カップボードの下側はゴミ箱が入ります。

f:id:inter-deco:20190506124625p:plain

ゴミの分別にも対応していて便利なんですが、いちいち開けなきゃならないのはちょっとめんどうかな?

途中で変えてもらったキッチンの袖壁

家の間取りを見ていて、ずっと疑問に思っていた部分がありました。

それがキッチンの袖壁です。

f:id:inter-deco:20190506151612p:plain

普通はキッチンの横は開放されているというか、壁があっても腰壁ですよね。

図面的には天井まで通った壁のように見えるので、おかしいなと思っていたら、

f:id:inter-deco:20190506150757p:plain

案の定、本当に壁になってしまいました。

う〜ん、これ、完全に設計ミスだと思うんですけど、どうなんでしょう。

このままだと階段を上がってきてすぐ目の前に壁があって圧迫感があるし、キッチンも狭苦しくなるので、ここに開口を設けてもらうことにしました。

f:id:inter-deco:20190506150842p:plain

これならまあ、及第点かな。

壁ごと取っ払ってしまっても良かったんですが、柱だけ残しておけば構造体として天井を支えてくれるので、気休めかもしれませんが家を長持ちさせてくれる可能性があります。

腰壁の天板が貼られると、キッチンのヴィンテージブラウンとの調和が取れて、いい感じに見えます。

f:id:inter-deco:20190506150915p:plain

クロスが貼られて完成するのが待ち遠しいです(^^)


キッチンはまだ未完成なのでこのくらいにして、来週の「家えらび編」では、トイレと洗面所についてのお話をしたいと思います。