インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

わが家の施主支給品 〜インターフォンをきれいに隠せる黒皮風塗装の表札〜

表札は家の顔になるアイテムなので、ちょっとこだわりのかっこいいデザインのものをつけたいと思っていました。

どこにでもありそうなデザインにしてしまうと、せっかく家の外観にこだわったのに画竜点睛になってしまいます。

ただ、かっこいいデザインで選ぼうとしてもかなりの数があるので、相当悩みました。

真鍮の表札

ひとつめに思いついたのは、真鍮製の表札です。

家の中には真鍮のスイッチプレートやドアハンドルを使っているので、デザインに統一性が生まれるかな、と思いました。

まず目についたのはIRREというメーカーのネームプレートです。

f:id:inter-deco:20190414113112p:plain
Brass Plate #51 - 真鍮 表札 看板 ネームプレート - IRRE

板の表面の凸凹は荒々しく、手打ちの刻印もあいまってハンドメイド感のある素敵な表札です。


もうひとつ迷ったのは、MATUREWAREの真鍮ネームプレート。

f:id:inter-deco:20190414113415p:plain
MATUREWARE|真鍮ネームプレート【受注生産】

こちらは素材が鋳物なので重厚感があり、文字も浮き彫りになるので昼と夜で光の当たり具合によって違う表情が出そうで、ちょっといいな、と思いました。

インターフォン問題、発覚

ところがここで思い出したのは、表札をカッコいいものにしても、その隣には無機質なインターフォンが並んでしまうことです。

Panasonic 外でも ドアホン VL-SVH705KL
by カエレバ

せっかく真鍮のプレートにしても、隣にこれが来るんじゃあ、ちょっとかっこ悪いですよね。

いちおう、何万円か出すと(Panasonic曰く)スタイリッシュな外観になるのですが、

f:id:inter-deco:20190414113811p:plain

どうやってもちょっとかっこ悪いですよね。

インターフォンカバーにもなるスタイリッシュな表札があった!

そんなわけで、インターフォンをうまく隠せる表札を探していたところ、こんなものを見つけました。

f:id:inter-deco:20190414120939p:plain
【Haco】インターフォンカバー番地表札 400×150 (ステンレス - 黒皮風塗装) |インターホンカバー|表札|オリジナル家具・金物の上手工作所オンラインショップ

ステンレスに黒皮風の塗装を施していてとってもクール!

黒皮というのは、金属を生成したときに自然にできる酸化膜のこと。

ゴツゴツとして荒々しい風合いが魅力なのですが、そのままだとすぐに剥がれてしまうしサビが出てしまうので、あえて「黒皮風」の塗装にしているとのこと。

古いものは好きだけどメンテナンスするのが好きでなく、現在の素材を使って風合いだけ昔風にしたものが好きな、わたしたち夫婦にはぴったりの表札です。


右側の空いた部分にインターフォンを収めることができるので機能的だし、真っ白い家の塗り壁にマッチしそうな気がしたので、これを買うことにしました。

書体は上の明朝体の他にゴシック体もあったのですが、

f:id:inter-deco:20190414120612p:plain

繊細な感じが良かったので明朝体の方にしました。

ただ、夫が頭文字も小文字で注文してしまったのがちょっと気になります。普通、頭文字って大文字じゃないですか?

まあ、サンプルが全部小文字だからそれもアリだとは思うんですが。


次回は、施主支給品ならぬ、施主施工品についてのお話をしてみたいと思います。

■期間限定10%OFF■ステンレス表札【エクリチュール】デザイン全3種 おしゃれな手書き風文字 アイアン調ステンレス表札
by カエレバ