インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

1階の壁が組み上がりました

工事の進捗状況ですが、基礎が完成し、その上に気密パッキンと土台が設置されました。

夕方に見に行ったところ工事はすっかり終わっており、ブルーシートで養生された状態でした。

f:id:inter-deco:20190423235521p:plain

後片付けの美しさには定評がある大工さんだとは聞いていましたが、このぴっちり感、さすがです。


土台が完成したら翌日から外壁が組み立てられるのですが、10時前くらいに到着すると、すでに1階部分は組み上がって、家の形が出来てきていました。

f:id:inter-deco:20190320232746p:plain

早い! さすがツーバイフォーの家は、形ができるのが早いですね。

差し入れはなにがいい?

現場では12時のお昼休みのほかに、10時と15時に30分程度の休憩を挟むことが一般的です。

なので見に行ける日だけでもなにか持っていこうと思って家を出たのですが、その選択に悩みました。

午前中は飲み物を

現場に行ってみたところ、大工さんが棟梁を含めて4人と、クレーン車を操作する方のあわせて5人がいたので、とりあえずペットボトルの飲み物を10本買っていくことにしました。

ラインナップは緑茶、ミルクティー、ブラックコーヒー、甘いコーヒー、コーラを各2本ずつにして、全方位的にカバーできるようにしました。

年配の方は意外と甘いコーヒーが好きだったりしませんか?

でも棟梁は若くてイケイケな感じなので、きっとブラックコーヒーのほうが好きだろうな、とか、東南アジア系の若い人はきっとコーラを飲みそうだな、などと考えた結果のチョイスです。

見ると大きなクーラーボックスを持ってきていたので、気に入らなかったら自前のものを飲めばいいし、余ったら持って変えることができそうだったので、まあまあ無難だったのではないでしょうか。

午後は甘いものを

飲み物は午前と午後の分を最初に買っていったので、午後はなにか甘いものをもっていくことにしました。

夫は団子かなにかが良いではないかといいましたが、現場作業で手が汚れているので手が汚れず、かつ、手が汚れていても食べやすいものとして、個包装のお菓子を持っていきました。

六花亭のバターサンドと

六花亭 マルセイバターサンド 10個

六花亭 マルセイバターサンド 10個

アンコが入っているものがいいという夫の声を反映して、札幌タイムズスクエアです。

札幌タイムズスクエア 8個入

札幌タイムズスクエア 8個入

お土産系ばかりでちょっと豪華すぎますが、毎日見に来ることができるわけではないので、たまにだったらこのくらいでも良いんじゃないかな?

1階の様子

出遅れてしまって土台がすっかり隠れてしまってアンカーボルトの位置は確認できませんでしたが、フォールダウン用のアンカーボルトは建物の四隅にきちっと出ていました。

f:id:inter-deco:20190324122311p:plain

ツーバイフォーの壁の内側はこのように、375mm幅に柱があって細かく区切られています。

壁の中には断熱材が詰め込まれるのですが、このように小部屋に区切られているため、壁の中で空気が動きにくくなっています。

空気の対流をできるだけ起こさないことが断熱性の大事なところなので、ツーバイフォーの家というのは普通に建てるだけでも、暖かくて丈夫な家を作りやすいのだなあ、と実感しました。



ちょっと長くなったので今回はここまでとして、2階が組み上がる様子についてのお話は来週にします。