インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

インターフォンの性能の違いとは

インターフォンを選ぶにあたっては相当苦労しました。

というのも、パナソニックのホームページがやたらと分かりにくいのです。

型番がたくさんあるのに違いがひと目で分からず、商品ごとにページの作りもまちまちで、非常に比べにくくなっています。

こういうときはとりあえず一番いいやつを選ぶに限るということで(思考停止)、最新機種のSWD705かSWD505のどちらかにするつもりでした。

panasonic.jp

panasonic.jp

両者は一見すると親機のモニターのサイズが7インチか5インチかの差だけに見えるんですが、実は505の方が去年の10月にモデルチェンジしていて、親機にカメラがついており、スマホとビデオ通話ができるという(謎の)機能がついていました。


さらに調べていくと、実は505用の玄関子機の方が後発で、カメラのレンズが705のものよりも優れているっぽいのです。

高画質マルチトーン技術、玄関子機カメラのカバーレスによる映像画質向上

高画質マルチトーン技術により、従来品VL-SWD501よりも画質が向上しました。暗い部分を最適化、逆光でも白飛び、黒潰れを少なくすることで見やすい画質を実現しました。

しかしこの高画質マルチトーン技術、505のカタログページにしか書かれていないから詳細がよくわからないし、「従来品より」と書かれてあるということは501と505を比べた時の話であって、705と505だと性能に違いがないとも考えられます。

一応、ニュースリリースを読むと「玄関子機カメラの画質も向上」と書かれているので多分705と比べて画質が上がっていると思うんですが、ちょっとよくわかりません。
kaden.watch.impress.co.jp

玄関子機の型番は、705がVL-VH573L-Hで、505がVL-VH574L-Nと数字が増えているけれど、定価は両方15,000円と変わらないからさらに困ります。


しかしなんといっても、705と505の最大の違いは玄関子機の色が違うことだったのです。

705の玄関子機VL-VH573L-Hはシルバー。
f:id:inter-deco:20190324115513p:plain

対する505の玄関子機VL-VH574L-Nはシャンパンゴールドになっています。
f:id:inter-deco:20190324115527p:plain

なぜか画面サイズが違うと子機の色も違ってしまうという謎仕様。

家の顔である玄関のカラーってすごく大事じゃないですか。

なのに色が固定だなんて、意味がわかりません。


最初はシルバーがいいと思っていたんですが、内装は真鍮色が多めになるので505にすることにしました。

パナソニックはほかの住宅設備だと組み合わせを自由に選べる傾向にあるんですが、家電製品も見習えばいいのになあ、と思いました。

どんなに技術の粋を尽くして新商品を作っても、色味だけで選ばれてしまうのって、パナソニック的にどうなんでしょうね。

Panasonic テレビドアホン VL-SWD505KF
by カエレバ

来週は、インターフォンとともに家の顔になる、表札についてのお話です。