インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

すごいプロジェクターがあった!



家のプランを決めるのにあたって、ビアスで建てている家をいろいろと見せてもらったんですが、その中で一軒、とても趣味的で素敵な家がありました。


一室が楽器を弾いたりするための趣味の部屋になっており、そこにはプロジェクターが設置されていたのです。

壁一面をスクリーンにして映画が映し出されていて、ちょっと憧れてしまいました。


でも実際に設置するには、プロジェクターを置いておくためのスペースも必要だし、家のどこに置くかが課題になりました。

そこでいろいろと調べてみたら、シーリングライトを兼ねるプロジェクターがあることが分かりました。


天井に設置するので場所も取らないし、YouTubeやAbemaTVのほか、AmazonプライムやNetflixなど、いま加入している動画サイトも見られるので非常に便利です。

外付けのディスクドライブがないのでレンタルのブルーレイとかは見られないのですが、Airplayに対応しているので、MacやiPhoneの画面を映し出すこともできます。

これだったら、寝室につけたら普通に使うんじゃないかな、と思えました。

せっかく高いお金を出して買っても、使わないで押入れの中にしまわれたままでは悲しいですからね。

popIn PA18U02VN プロジェクタ機能内蔵スマートライト「popIn Aladdin(ポップイン アラジン)」
by カエレバ

寝室の設置場所

寝室の足元側にもクローゼットがある予定だったんですが、プロジェクターを置くので反対側に向けて、一面を壁にしました。

f:id:inter-deco:20190324002459p:plain

8畳ある寝室の奥行は3,640mmなので、ちょうど半分のところに置くと壁からプロジェクターまでの距離は1,820mmです。この場合、画面のサイズは70インチになるそうです。

本当はシーリングライトは部屋の中央に置く予定でしたが、右側には扉があるのでちょっと位置をずらして、壁の真ん中にポップインアラジンが来るようにしました。

aladdin.popin.cc

壁の幅は2,730mmで、70インチの画面の幅は1,546.9mmなので、両サイドに60cmほどの隙間ができる感じですね。

壁からの距離をもっと離せば画面サイズも大きくなるのですが、そうするとシーリングライトが寝ている顔の真上に来てしまうので、このぐらいがちょうどいいところでしょう。


この商品も、実際に設置したときには使い勝手などをこのブログに書いてみようと思います。

f:id:inter-deco:20190324005244p:plain:h0:w0