インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

良いものは、高い



土屋ホームは外観・内装ともに残念な結果になりましたが、果たして最強の性能を誇る一条工務店の見た目はどうでしょうか。


まず、外壁はタイルで、ハイドロテクトタイルという凄いものが貼られることになります。

タイルはサイディングと同じ焼き物といっても、繊維質を焼き固めただけのサイディングとは上質感も丈夫さも違いますし、素材の色をそのまま生かしているから塗装をし直す必要もなく、メンテナンスコストもかからない優秀な素材です。

その代わり初期費用はもちろん高いのですが、一条工務店だとそれも標準価格に含まれているから嬉しいところ。

さらに、妻が希望しているオープン階段にしてもわずか数万円の費用で済み、非常にお得感があります。


ところが見積もりを見て目を剥きました。

高い、高すぎる・・・。

標準プランが凄いというのはなんということはない、もともと価格に上乗せされているだけに過ぎないのでした。

そしてその上、太陽光発電を大量に載せた、さらにお高いプランまで「お得ですよ!」と堂々と提示してくるので参りました。

これだとだいたいビアスの家に、土地をくっつけたのと同じくらいの金額です。

もともと土地を持っている人なら大丈夫だろうけど、ちょっと我々には手が届かない世界の話だったんだなあ、と思いました。

大正義一条工務店

一条工務店のキャッチフレーズは「家は性能!!!!」です。

!は勝手につけました(笑)

打ち合わせを続けて分かったのは、一条工務店は例えば家電量販店にパソコンを買いに来て、

「にいちゃん、この店でいっちゃんいいパソコンくれや」

と言うようなおじさんに向いているぞ、ということでした。


性能は折り紙つきで、メーカーも自信を持って「最強です」と言ってはばからない。

床暖房で暖かいし、隣の家よりも見た目はずっと立派だし、流行りの太陽光だって、何も言わなくても載せてきます。

全部一条さんが一番いいものをつけてくれるから悩む必要がありません。

難しいことを考えなくても、お金さえ出せばとにかく失敗がなく家を建てられるというのがいいところなのだと分かってきました。

しかも、似たようなタイル貼りの家を作るミサワホームなどと比べて1割ほど安く建てられるので、「賢い買い物をした」と満足もできるわけです。

こうやって家づくりの日記を書いて、他の方が書いたものも読ませてもらうと、圧倒的に一条工務店ブロガーが多い理由がわかった気がします。


営業さんの話は良いことばかりなので半値八掛け二割引で聞く必要があると思いますが、それを差し引いても間違いなく「いい家」が建てられると思いました。

ただしその「いい家」基準はあくまで一条工務店が考える基準であって、それと自分たちが考える「いい家」との乖離が出てしまうと、途端に魅力的には思えなくなってきました。

外観はこうしたい。内装はこうしよう。床暖房は要らなくない? などなど、家づくりの舵取りを自分たちで取ろうとする人には、向いていないのかもしれません。

旅行に例えたら一条工務店の家づくりは、添乗員付きのパックツアーみたいなもの。

海外でもどこへでも、二人で自由に出歩いて、トラブルがあってもそれも含めて楽しむようなわたしたち夫婦とは、ちょっと毛色が合わなかったかもしれません。


まあ、一番の原因は値段にあるんですけどʅ(◞‿◟)ʃ


次回は、いよいよハウスメーカーを決定するお話です。

はじめての家づくり 特装版 小さくても「暮らしやすい家」ベスト58

主婦の友社 主婦の友社 2016年10月04日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

f:id:Red-Comet:20190206112449p:plain:w0:h0