インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

見た目が良いだけじゃなかった



ビアスの家は見た目がとにかくカッコいいのですが、果たして性能面はどうなのか気になりました。

ここまで候補にしてきた一条工務店も土屋ホームも、断熱性能の鬼みたいな家づくりをしているのでなおさらです。


暖かい家でいちばん大事なのは気密性です。

どれだけ暖房を炊いても、隙間風が入ってくると寒く感じて不快な家になってしまいます。

家の気密性はC値という数値で表され、寒冷地だと2.0c㎡/㎡以下だと「次世代省エネルギー基準」という、国の基準に応じた性能になります。

ただ、一般的な「高気密住宅」はさらにその半分以下の隙間量を目指していて、1.0c㎡/㎡を切ってはじめて高気密だと言われているのです。

だいたい、家一軒の隙間という隙間を一箇所に集めて、はがき1枚分くらいの隙間に収まるくらいが目安になります。

ちなみに断熱のフラッグシップ、一条工務店のC値は、

0.59c㎡/㎡

さすがに自分で「家は性能」というだけあって、凄まじい性能です。


これに対して、ビアスの家のC値は、

0.6c㎡/㎡

断熱最強を誇る一条に比べても、ほとんど遜色がなくて驚きました。


一条工務店もビアスも、気密性が高いツーバイフォー工法で建てられているうえ、隙間を気密シートで覆ってしまう先張り工法というやり方をしているので、ほぼほぼ似たような高性能になってしまうのです。


ただし、C値では一条工務店に比肩するビアスでしたが、家から逃げる熱の量を表すQ値では、一条工務店の0.51w/㎡kに対し、ビアスは1.35w/㎡kと振るいません。

一応、国の基準では1.65w/㎡K以下であれば高性能ということになっているんですが、ちょっと心もとない数値です。


家から最も熱が逃げる部位は、窓だと言われています。

一説によると、家の中の熱の半分が窓から逃げてしまうのだとか。

窓は標準だとLow−Eコーティングのペアガラスですが、一条も土屋もトリプルガラスだったので、同じようにできるか営業氏に尋ねてみると、

「できますよ!」

と即答。


そしてさらに比べていくと、ビアスの家はツーバイフォーですが、一条工務店はツーバイフォーより壁が厚いツーバイシックス、土屋ホームは充填断熱の外側に付加断熱を加えたW断熱で、どちらもビアスの家よりも断熱性能が高くなっていました。

そこでビアスの営業氏に、もうちょいなんとかなりませんか? と聞いてみると、

「ツーバイシックスにできますよ!」

と、またもや即答でした。なんでもできるの!?


当然窓も壁もオプション費用がかかるのですが、それを含めても全然想定内の金額で、ほかの2社に比べてもまだまだ全然余裕があります。

外観がかっこいいだけでなく、性能もいいし値段もそんなに高くない、ということは・・・。

ツーバイフォー工法は凄い

beus.jp

これはまた別の機会で書こうと思うんですが、ツーバイフォー工法の家は結構凄いんですよ。

面を組み合わせた構造だから気密性は高いし、普通に組み立てるだけで耐震性が高くなってしまうというのも魅力的。

壁を厚くしてツーバイシックスにしてしまうと、工法はそのままで5割増しの断熱性能が手に入ってしまうというところに感動しました。


ちなみにツーバイシックスだと、暖かい家でおなじみのあのスウェーデンハウスよりも壁が厚くなるのです!

スウェーデンハウスはパラマウント硝子の高性能グラスウール、フェザーグラスの24kgを使用しているので熱伝導率は0.049W/mk、厚みが120mmなので熱抵抗値はR2.4です。

ビアスの家はアクリアウールの16kgを使っているので、熱伝導率は0.038W/mk、厚みが140mmなので熱抵抗値はR3.7になります。

つまり、壁の断熱性能で比べるとスウェーデンハウスの5割増……!?

暖かい家の代表格だと思っていたSWHに対して、これほどの性能差を発揮してしまうとは驚きました。


ツーバイフォーからシックスへのアップグレードには60万円ほどかかりましたが、坪単価で割れば1.5万円くらい。

これを加えても一条工務店、土屋ホーム、そしてスウェーデンハウスよりもお買い得な価格です。

費用対効果を考えたなら、相当オトクなオプションだと思いました。


次回は、性能面で猛烈な追い上げを見せられた土屋ホームに、逆転の目はあるのかを確かめに行ったお話です。



f:id:Red-Comet:20190206002955p:plain:h0:w0