インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

ダークホース現る



ここまでいろいろなハウスメーカーを見てきて、この時点ではわたしたちの中では、一条工務店か土屋ホームのどちらかにするつもりでいました。

どちらもちょっと高いけれど性能が高く、会社の規模が大きいので信頼できるし、きちんとした家を建ててくれることは間違いないと思っていました。


他に候補に残っていたのは例の小さな工務店くらいですが、この時点でかなり望み薄。

あとは地元のローカルハウスメーカー、ビアスにもう一度見に行く約束が残っていたんですが、前回訪問して狭めの普通の家を見せられて「普通だなあ」と思っていたので、夫は「ドタキャンしてもいいんじゃね?」という気分でいました。

ところが妻は割と義理堅い性格なので「せっかくだから行ってみよう」と言いました。

特に予定が入っていたわけではなかったので行くことにして、モデルハウスまで案内されたのですが、その家は、一目見て度肝を抜かれるような家でした。


箱根かどこかの高級旅館の、離れみたいな雰囲気。

一目見て和風。でも和風の一言では片付けられるようなものではなくて、和のテイストを現代風に解釈し直したような爽やかさがありました。

(もしかして、ここで建てたらものすごくかっこいい家になるのでは・・・?)


酔ったような気持ちで事務所に戻ると、先ほど見た和風の家とは打って変わって、モダンでシンプルな超カッコいい家のプランを見せられました。

f:id:inter-deco:20190318203948j:plain

北側のファサードには窓が一切なく、箱が二つ並んだように見えるその家は、これまでほかのハウスメーカーで見たどのプランよりもかっこよく見えました。

そしてビアスの事務所にはアンティーク家具店を併設しており、家に合わせたオシャレな家具をチョイスしてくれるというのでさらに気持ちは動きます。


幸か不幸か、このプランだと目星をつけていた土地とは条件が合わなかったので作り直してもらうことにしてその場を後にしましたが、内心では、

(大変なものを見せられてしまった)

と、ドキドキした気持ちでいっぱいでした。

センスはお金では買えない

前述した和風モダンの家は「柏木の家」と言って、予約制で内覧会を行なっています。

https://beus.jp/lp/bivj201807/images/oh_kashiwagi.jpg
beus.jp

HPを見ていただくとわかるのですが、玄関に入っていきなり現れる螺旋階段や、広い土間にスックと立つ石張りの柱が印象的で、恒久的に住む家ではないけれど、とにかく溢れ出るセンスを見せつけるためだけに建てられたような、謎の潔さを感じます。


この家を見て思ったのは、いくらお金をかけてもセンスは買えないんだよなあ、ということでした。

お金をかければいい家が建てられるかもしれないけれど、高級ハウスメーカーが建てる家がカッコいいとは限らないわけです。

家は性能が大事だけど、それと同じくらい、見た目も大事なんじゃないかと思わされたきっかけになりました。


次回は、見かけはともかく性能の方はどうなのか確かめてみるお話です。

日本人がいちばん暮らしやすい間取り図鑑

フリーダムアーキテクツ エクスナレッジ 2018年03月29日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

f:id:Red-Comet:20190205231935p:plain:h0:w0