インターデコで建てるかわいい家

夫婦と猫3匹の5人家族 北海道でインターデコハウスの家を建てることになりました

タマホームの圧力にはまいりました



これまでずっと高級なハウスメーカーばかりを見てきたので、いわゆる普通の一般的なハウスメーカーを見てみようと思い、全然建てる気はなかったんですが、タマホームのモデルハウスにも行ってみました。

モデルハウスを見ただけで家の良し悪しは分かるわけではないんですが、これまで見てきた家と比べるとなんだか安っぽいような気がして、ちょっと残念な気持ちになりました。

あとで調べたらモデルハウスでも普通に建てる家の材料を使っているから、むしろリアルで正直なのだとか。


それはまあ良いとして、営業の人の圧力が強くてとても疲れました。

若い女性の営業さんなんですが、ものすごく商売熱心でどんどん要望を聞いて次の日には図面を作って家まで持ってくるぐらいの勢いがありました。

頑張っているとは思うんですが、こうもガツガツされてしまうと焦らされているようで・・・。


これまで見てきたメーカーさんは、どこも家までやってきたりしないし、必要なこと以外は電話かけてきません。去る者は追わず。

でも、家を売る人ってこういうガツガツしてる方が普通なんですよね・・・。忘れていました。


他のハウスメーカーを見に行った時に、

「うちはお客さんあてに一切電話勧誘はしませんが、日本ハウスHDあたりは受付で電話番号を書いちゃうとかなり大変らしいですよ」

と言われたこともあったし、まだまだそういう昭和みたいな営業スタイルが通用している業界なのだと分かりました。


ローコスト住宅メーカーの全てがこうだというわけではないとは思うんですが、家のウリが「安く作れること」だけだと、安く売ることでしかアピールできないので、メーカーも、営業も、建てる人もあまり幸せになれないような気がしました。

無垢の木の家がいいとか全館床暖房がいいとか、プラスの面で選ばれる家は売る側も買う側もWin-Winだと思うんですけどね。

f:id:inter-deco:20190308201317p:plain
品質も、価格も、叶う家 | 家を建てるならタマホーム株式会社

家の値段について思ったこと

いろんなハウスメーカーを見て分かったのは、「結局は、値段なりの家しか建てられない」ということでした。

高い家には高いだけの理由があるし、安くて高い家と同じものにはならない、ということ。

安くても同じように作れるというのなら、どこかで手を抜いているところがあるはずです。

本当に値段なりの家なのか、安い家に利益をたくさん乗せて高くなっているのかを判断するのは難しいんですが、個人的には「いきなり値引きをしてくるメーカーは危ない」と思いました。

見積もりに余裕があるから簡単に値引きできるわけだし、ミサワホームの「1000万円プレゼントキャンペーン」なんかも、「本当は1000万円引きが適正価格なんでしょ?」と感じてしまいました。


ここまでいろんな家を見たきたので、次回はそろそろ固まってきた家の理想像について考えてみます。

ローコストで最高の家を建てる方法

古川泰司 エクスナレッジ 2013年04月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

f:id:Red-Comet:20190202134312p:plain:h0:w0